兜屋画廊とは

1919年から信頼と実績を積み重ねてきました

兜屋画廊は、1919年に神田神保町にて前身の兜屋画堂を設立して以来、およそ100年にわたって、絵画をはじめとした多くの美術作品を取り扱ってきました。その中で積み重ねてきた実績は、多くの画家や作家の方の信頼へとつながっております。有名作家の方からも「自分の作品の展示は、兜屋画廊におまかせしたい」とおっしゃっていただけるのは、これまで絵画をはじめとした美術作品に真摯に向き合ってきた賜物だと自負しております。これまでの経験やノウハウを活かして、あらゆる美術作品の展示に対応いたしますので、何なりとご相談ください。

有名作家から新人作家まで、幅広い層の美術作品を取り扱っています

当画廊は戦前でいうと、関根正二や小出楢重、佐伯祐三、長谷川利行、三岸好太郎、松本俊介らの遺作展を開催。戦後は、梅原龍三郎や岡鹿之助、林武、向井潤吉、南城一夫、曽宮一念、村上肥出夫らの個展を開催するなど、積極的に個展を開催してまいりました。とはいえ、決して有名作家の美術作品だけを展示しているわけではありません。最近では、新人作家に重きを置きながら、気鋭の油彩・版画作家の発掘に努めております。新人作家に発表の場を与え、新しい才能を美術愛好家の皆様に広くお伝えできるよう、これからも様々な美術作品をご紹介してまいります。

数多くの名士が集う銀座にある画廊です

銀座という土地柄、当画廊には各界の名士が訪れます。そして、数多くの美術作品を鑑賞していただいております。才能溢れる作品と出会ったときは、誰もが心躍ります。例えば、かの川端康成も当画廊で展示していた村上肥出夫の富士の絵画を見て、とても感銘を受けたといわれています。美術作品には多くの人を一瞬で虜にする魅力があります。もしも、当画廊で展示している美術作品を通じて、新しい感動を生み出す一助になれれば、幸いです。当画廊は、最寄り駅からも近い場所にございますので、ぜひお気軽にお越しください。

▲このページの先頭へ