画廊ご案内

画廊沿革

1919年 神田神保町に兜屋画堂(元画廊全身)設立
1928年 兜屋画廊と改称

戦前、関根正二・小出楢重・佐伯祐三・長谷川利行・三岸好太郎・松本俊介らの遺作展を開催。
戦後は梅原龍三郎・岡鹿之助・林武・向井潤吉・南城和夫・曽宮一念・村上肥出夫らの個展を開催。
最近では新しい時代の新しい作家に重点を置き、気鋭の油彩・版画作家を擁して新しい時代に臨んでいきます。

営業案内

  • 洋画、日本画、版画、その他の美術工芸品
  • 評価買受
  • オリジナルフレーム
  • 貸画廊
  • 美術館収蔵先
       愛知県立美術館、大川美術館、鹿児島市立美術館、郡山市立美術館、佐賀県立美術館、常葉美術館、福岡県立美術館、ブリヂストン美術館他

取扱作家

・油彩・水彩
赤岩保元、宇野義行、小阪 茂、澤田嘉郎、清水康雄、鈴木正道、曽宮夕見、戸田圭介、三浦千波、村上肥出夫
・彫刻
武藤 順九
・ファブリックピクチャー
森 麗子
・人形
荒井良、伽羅
・版画
かさまつ三保子、斉藤カオル、広田雅久、山口博一

画廊概要

アクセスマップ

地図

▲このページの先頭へ